【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸と音づくり、タッチポイントと打鍵のスピード

演奏時の息の使い方が上手な人は音づくりも上手です。ほとんど息をしていないか、いつ息をしたのか分からないような弾き方では、魅力的な表情は生まれません。


ピアニストが弾く前に息を吸うとき、すでに心の中には、これから生み出す音に対して具体的なイメージがあり、それにふさわしい息の吸い方をしているのです。


たとえば、
a 深い豊かな音が欲しい→少しゆっくりと深く息を吸う→指の腹の方で鍵盤の底に吸い付くように
b クリアで明るい音が欲しい→短くやや深く息を吸う→指先で打鍵のスピードはやや速く
c 静かな柔らかい音が欲しい→軽く静かに自然に息を吸う→指先と指の腹の中間点で勢いをつけず、静かにゆっくりと鍵盤をおろす
d 鋭角的な響きが欲しい→短く深く一瞬で息を吸って、打鍵前の一瞬には息を止める→指先と指の腹の中間点で、鍵盤に触れた瞬間、手首を使って打鍵のスピードを速め、指の腹の方に移動する


等など、イメージと呼吸、タッチポイントと打鍵のスピードは、音づくりと深く結びついています。もし、息を吸わないでピアノを弾き始めている・・・・と思い当たる人は、


初めの一音をどんな音色で弾きたいか
それには、どんなふうに息を吸ったらいいと思うか


考えてみてください♪


それだけで、音づくりの感覚に目覚められるかもしれません☆


参照:ムジカノーヴァ 2007年7月号


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

音楽音楽(おんがく)とは、人間が楽しんだり、意味を感じたりすることのできる音のこと。また、このような特性をもつ音を様々な方法で発したり、聴いたり、想像したり、それに合わせて体を動かしたりして楽しむ行為のこと。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotati

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。