【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブルグミュラー25の練習曲」第10曲「やさしい花」練習の手びき♪

ピアノでもこんなにやさしく歌えると証明している曲です。

適切なテンポは、4分音符=120 です。

2つずつつながっている8分音符が、この曲の可愛らしさを表現しています。

スラーの初めの音を深く、手首を落とすように弾いて、次の音で手首を上げながら力をそっと抜き、音を軽くしてリズムを作ります。

大きいスラーは、レガートで大らかに歌う部分。スラーの中に音楽の揺れがあります。

激しい音は一つもなく、中間での装飾音は硬い音にならないように注意します。少し幅を広く弾くつもりで、あわてずに軽く扱います。そのあとのdim.とrit.にうまくつないでください。

rit.の最後のポルタートでつながれた3音は、ていねいに一つ一つ少し切りながら、同じタッチで弾くようにします。

77なんときれいな花でしょう。見る人の心まで優しくなるような感じを音に出してみましょう。

77小さい花びらのような2つずつの8分音符を可愛らしく区切ります。歌がいっぱいの曲です。

771小節目の注意をよく考えてみること。フレーズの中が、さらに細分されるときにこういう形がよく生じてきます。この曲でのフレージングをどう考え、どう捉えたらよいかという問題はそのまま、曲想表現につまがっていく大切な問題です。

 

参考に練習してみてください☆

 

267曲中に出てくる音楽用語267

delicato(デリカート)
繊細な、優美な

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。