【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブルグミュラー25の練習曲」第7曲「静かな小川の流れ」練習の手びき♪

静かな曲ですが、3連音符が絶えず水の流れを表現して動いています。

適切なテンポは、4分音符=138

3連音符の1拍目は、4分音符の価値で書かれていますが、その分だけ響くように深く、しかし1の指は少し寝かせるように使います。そうしないと、その音だけ硬くなって、いわゆる「角の立った音」、アクセントに近い音になってしまうからです。

メロディとして聞こえてくるのは、右手の3連音符の第2音です。しかし、これもあまり表立った音ではなく、意識しすぎると騒がしくなる危険があります。

中間部は、静けさの中にも動きが出て、右手の休符があるために、そのメロディが表面に出て楽しさを表現しています。

左手が右手をリードしていくように弾きます。dim.が出てくる個所まで一息に弾くつもりで。息つぎはスラーが終わると同時に次のスラーの頭になっている第1拍音です。

いつも優しい響きで弾くように、指を硬く使わないように注意してください。

77音もなく流れる小川の感じを、音で表す曲です。音に角が立たないように、注意してつなげてください。

77音が柔らかく流れるためには、指と手首を柔らかく使います。楽しい歌が自然に流れるでしょう。

 

参考に練習してみてください☆

 

267曲中に出てくる音楽用語267

Allegro vivace(アレグロ・ヴィヴァーチェ)
いきいきと快速に

mormorendo(モルモレンド)
ささやくように

cresc.(クレッシェンド)
次第に強く

dim.(ディミヌエンド)
次第に弱く

Fine(フィーネ)
終わり 楽曲の終止

D.C.al Fine(ダ・カーポ・アル・フィーネ)
はじめに戻り、フィーネで終わる

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。