【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブルグミュラー25の練習曲」第6曲「前進」練習の手びき♪

音階と分散和音の跳躍の組み合わせで、力強さのある、かなり難しい曲です。

適切なテンポは、4分音符=120 です。

違う音型を続けて弾くときは、その切り替えが難しく、この曲では相反する要素が極端に出ています。それは、音階と分散和音であり、レガートとスタッカートの組み合わせです。

中間部は、前後のハ長調に対してイ短調の色合いを持ち、シンコペーションの動きが現れて、手の動きが混乱しそうです。

この曲を練習するときは、その音型に合った手の運動をはっきりと意識して弾いてください。

そのためには、スラーの位置を正しく読みましょう。

分散和音のスタッカートは、高い方の音をねらって、はずさないように。手を鍵盤から上げすぎるとうまくいきません。

中間部のシンコペーションは、アクセントのある音を深く力を入れて弾き、次の音は、手首を上げて力を抜きますが、スタッカートがついているので、指先のかたさを残してはねます。難しいので、はっきりとした動きができるまでゆっくりとさらいます。

頁の最下段は、左右の動きがずれています。右手のスタッカートのついている音は、メロディとして少し浮き立たせるくらいでよいのです。fのときのような、ほりの深さは必要ありません。cresc.とともに、手の動きは深くなります。

77音階のある部分は、先へ先へと進んでいく勢いです。弱い左手に合わす練習をすると、ずれません。

77中の部分は、わざとずらしたリズムで、何か強い感じを持っています。ここのリズムは難しいですが、大切に。

 

参考に練習してみてください☆

 

267曲中に出てくる音楽用語267

Allegro(アレグロ)
強く活発に

cresc.(クレッシェンド)
次第に強く

Fine(フィーネ)
終わり 楽曲の終止

D.C.al Fine(ダ・カーポ・アル・フィーネ)
はじめに戻り、フィーネで終わる

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。