【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪16分音符がなめらかに弾けないときは・・・

16分音符の連続のようなパッセージを弾くときに最も大切なのは、余分な力をいっさい抜くことです。


脱力のコツを覚えるには、まず自分で力の抜けた状態を体験してみるのがよいです。


全身の力を抜いて寝転んでみます。このとき、腕や手の状態を十分観察すて、脱力の感じをつかみます。


さらに、ピアノに向かって目的のパッセージをPPで弾いてみます。PPなら力を抜いたままでも弾きやすいので、脱力した状態のいいお手本になります。


強く速く弾くときも、この感じをいつも思い出して、手首に力の入らない理想的な状態で弾けるように心がけます。


その一方で、指の運動性能を高めるための練習も必要です。力が抜けても、指が回らなければ速いパッセージは弾けません。


そのためには、付点をつけたり拍子を変えたりするリズム変奏や、スタッカート奏も有効ですし、鍵盤と馴染むために極めてゆっくり弾くというのも、単純ですがかなり効果的です。


その他には、自分で指使いを書き込み、必ずその通りに弾きます。特に、指がぐるっとくぐったり越えたりするところは念入りにチェックします。この方法は、左手に特に効果があります。


もうひとつ、延々と続く16分音符を必ず拍子感を持って弾きます。ベタベタに弾くのではなく、拍の頭を心の中で感じながら弾きます。アクセントをつけるのではありません。拍を「感じる」だけで十分です。このメリハリ感が指に伝わって、スッキリなめらかな演奏が生まれてきます。


頑張ってみてください271


《ピアノの悩みを解決する本》参照

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。