【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランツ・リスト年表

1811年10月22日
ハンガリーの小村ライディングに生まれる。

1820年
最初の公開演奏。

1822年
ウィーンに移住。ウィーン音楽院で、ベートーヴェンの弟子で、リストの偉大な才能に感銘を受けたカール・ツェルニーが実技指導、アントニオ・サリエリが音楽理論指導をする。

1823年
パリへ移住。パリの音楽院(コンセルヴァトワール)から入学を拒否される。そのため、フェルナンド・パエールとアントン・ライヒャに師事。ウィーンでコンサートを開く。そこで老ベートーヴェンと会うことができ、賞賛される。

1826年
父アーダム死去。演奏活動を中断する。わずか15歳にして、ピアノ教師として家計を支える。

1828年
同い年のピアノの生徒カロリーヌと初めて恋に落ちる。
初恋の人カロリーヌとの恋に破れる。傷心からたびたび発作を起こす。2日間、意識不明に陥る。

1830年
ピアノ協奏曲第1番の楽想を思いつく。”ピアノの詩人”ショパン、ベルリオーズ、シューマンらと出会う。

1831年
”ヴァイオリンの魔術師”ニコロ・パガニーニの演奏を聴いて感銘を受け、自らも超絶技巧を目指した。

1833年
マリー・ダグー伯爵夫人と出会う。

1835年
マリー・ダグー伯爵夫人とスイスに移住。長女ブランディーヌ誕生。

1837年
次女コジマ誕生。

1838年
『パガニーニによる大練習曲』作曲、クララ・シューマンに献呈。
ドナウ川の氾濫のときに、チャリティーコンサートを行い、ブタペストに多額の災害救助金を寄付する。

1839年
『ピアノ協奏曲第2番』作曲。長男ダニエル誕生。長男誕生を機に、演奏旅行を再開する。

1844年
マリー・ダグーと別れる。

1846年
『ピアノ協奏曲第1番』作曲。『ハンガリー狂詩曲』作曲。

1847年
演奏旅行の途中のキエフで、当時の大地主であったカロリーネ・フォン・ザイン=ヴィトゲンシュタイン伯爵夫人と恋に落ちる。

1848年
『3つの演奏会用練習曲』作曲。ワイマールに移住。

1849年
交響詩第2番『タッソー・悲劇と勝利』ワイマールで初演。『ピアノ協奏曲第1番』完成。『コンソレーション』作曲、ロシア皇帝の妹であるワイマール公爵夫人、マリア・パヴローヴナに献呈。

1850年
『愛の夢』作曲。ワイマールから宮廷楽長として招かれ、作曲に専念。

1851年
『ハンガリー狂詩曲集』作曲。

1852年
ワイマールにて、『ピアノ協奏曲第1番』をベルリオーズが指揮、ピアノをリスト自身で初演。

1859年
長男ダニエル死去。ワイマール宮廷楽長を辞任する。『超絶技巧練習曲』作曲、カール・ツェルニーに献呈。カロリーネ・フォン・ザイン=ヴィトゲンシュタイン伯爵夫人と別れる。

1861年
ローマに移住。僧籍に入り、下級聖職位を授与される。

1862年
長女ブランディーヌ死去。

1869年
ワイマールでピアノの教授活動を再開。伯爵夫人オルグ・ヤニーナと最後の情事。

1886年7月31日
バイロイト音楽祭で、娘の夫であるリヒャルト・ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』を見た後に、慢性気道閉塞と心筋梗塞で亡くなる。娘コジマの希望により、バイロイトの墓地に埋葬される。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。