【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出題のヤマと楽譜選びについて

採用試験で出題される曲は、バイエル70番台から100番台が多いです。

60番台もごくわずかですが、見られます。

音階の練習である86番・87番を除く、80番台以降がよく出題されているようです。

半音階が特徴の106番は、大変難しいですげ、出題されているところもあるので、注意が必要です。

 

最近の出題傾向は、頻繁に出題されるのが、78番・80番・81番・82番・84番・85番・88番・89番・91番・93番・94番・96番・97番・98番・99番・100番・104番・105番

一挙に♯がたくさんつく75番・80番(ニ長調♯2つ)、79番・81番(イ長調♯3つ)、82番(ホ長調♯4つ)は、「バイエル」でレッスンを始めた人の多くが、ピアノの練習を嫌になってしまうきっかけになる曲でもあります。

それは、まだ調号にさえ慣れていないのに、さらに曲の途中で調が変わり、♯がついたり消えたりするからだと思われます。

80番・81番・82番は、特に難関なので、あせらずに頑張りましょう。

次に、スランプに陥りやすいのが、リズムや右手と左手のタイミングの取り方、テンポのキープが難しい88番以降の曲です。

採用試験では、この辺りの曲が狙われやすいです。絶対に練習しておきたい曲です。

 

「バイエル」教則本には、いろんな種類があります。

子供の「バイエル」は、譜面が大きく、見やすいという長所がありますが、番号が「原書番号」と異なっていたりするので、注意が必要です。

大人用でも、原書とは違った番号が付けられているものもありますので、必ず原書番号を確認しましょう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。