【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みっちの本棚【まんが・のだめカンタービレ】

312のだめカンタービレ(1)
♪カプリチオーソ(気ままに気まぐれに) カンタービレ(歌うように)
不思議少女・野田恵(のだめ)の奇行を見よ!
クラシック音楽コメディ!!

312のだめカンタービレ (2)
♪プリンス千秋はだれのもの!?
のだめのライバル再出現!
千秋のモト彼女・彩子(さいこ)を追い払い、彼を手に入れたかに思えたのもつかの間、新たなライバルが――!!
のだめに嫉妬の炎を燃やす相手とはいったい……!?。
女(?)の戦いのゴングがいま、鳴り響く――カ~ン!!

312のだめカンタービレ (3) (講談社コミックスキス (393巻))
♪専制君主・千秋の指揮者デビュー!
世界的に有名なドイツ人指揮者・シュトレーゼマンが編成したSオケの副指揮者になった千秋。でも、千秋のモテモテぶりにムカついたシュトレーゼマンは千秋に宣戦布告してSオケを脱退してしまう。オヤジ(シュトレーゼマン)が新たに率いる編成Aオケと定期公演で対決することになってしまった千秋は、猛特訓を開始するが……。負けられないこの勝負がついに幕開け!!

312のだめカンタービレ (4) (講談社コミックスキス (411巻))
♪ミルヒー強制送還!? Come Back Milch(みるひー)?!
偽物疑惑再浮上のミルヒー。でも千秋は、彼がふる指揮を見て本物であることを確信していた。そんな時、キャンパス内上空に見慣れない飛行物体が出現!ヘリから降りてきた人物は、なんとミルヒーの秘書だった。ついに彼の過去が暴かれる時が……!?

312のだめカンタービレ (5) (講談社コミックスキス (423巻))
♪学園祭には仮装オーケストラで臨むことに決めて、衣装作りに余年のないSオケ・メンバーに、ちょっとイヤなお知らせ。千秋は師匠シュトレーゼマンとAオケで出演するので、Sオケには合流しないらしい……。知らせを聞いて、気合いの入るSオケと、帰国の迫った師匠との最後の共演に燃える千秋。それぞれ期するところありつつ、いよいよ前夜祭に突入!

312のだめカンタービレ (6) (講談社コミックスキス (438巻))
♪学園祭での活躍が「クラシック・ライフ」に掲載されて、その才能が注目されだした千秋。もちろん、目標は指揮者。だが大学院への進学はピアノ科だし、海外への留学は、昔からの飛行機嫌い・船嫌いでムリ。「日本で何をする?」千秋のいら立ちは募る……。

312のだめカンタービレ (7) (講談社コミックスキス (451巻))  

312のだめカンタービレ (8)
♪こんなに笑えるクラシック音楽があったのか!?
指揮者を目指すオレ様・千秋真一と落ちこぼれ変態ピアニストのだめ(野田恵)が奏でる笑いと愛の青春ラプソディ。ダメダメ・ヴァイオリニスト(自称千秋の親友)、ドイツのエロジジイ(世界的指揮者)、乙女なティンパニー奏者(男子)など……音大に大集合した奇人変人たちが、世界でいちばん笑える、そして美しい音楽を紡ぎだす。大爆笑の学園クラシック・コメディー!!
羽ばたく千秋に のだめ、追いつけるのか!?
飛行機恐怖症のため日本から出られないままの千秋だったが、その迷いをふりきり、R・S(ライジング・スター)オケの公演で大成功をおさめる。そんな千秋に贈られた、のだめからの切ないプレゼントとは……? 初めて明かされる千秋のトラウマの正体。のだめのコンクール挑戦。大きく動き出した運命の流れは、どこへ……?

312のだめカンタービレ (9) (講談社コミックスキス (488巻))

312のだめカンタービレ (10) (講談社コミックスKiss (505巻))
♪こんなに笑えるクラシック音楽があったのか!?
のだめ王国の住人たち ジャン・ドナデュウ
「誰も僕にはかなわない!いつか世界は僕のもの!!」
千秋&のだめ、ヨーロッパ上陸!!
クラシック音楽の聖地に旅立った千秋とのだめ。期待と不安に胸を躍らせながらパリでの生活が始まった。早くも指揮者コンクールに挑む千秋とはうらはらに、のだめはホームシックに……!?新たな仲間とライバルに出会ったふたりの新楽章が幕を開ける!!

312のだめカンタービレ (11) (講談社コミックスKiss (523巻))
♪指揮者コンクール、大決戦!
オケと不協和音を奏でてしまった千秋は挽回に挑み、ライバル・ジャンと片平との最終決戦へ……指揮者コンクール、ついにクライマックス!! そして、休む間もなく90日間世界一周修行の旅へと連れ去られる千秋。パリに残されたのだめには前途多難な新学期が待っていた!?

312のだめカンタービレ (12) (講談社コミックスKiss (544巻))
♪芸術とアムールの街(パリ)で音楽も恋も七転八倒?
新学期が始まり授業レベルの高さに圧倒されたのだめ、早くも挫折!?
指揮者修業の旅を終え4ヵ月ぶりにパリに戻った千秋の助言も耳に届かず……。
ふたりの関係も音楽活動も急展開&新展開!! 

312のだめカンタービレ (13) (講談社コミックスKiss (560巻))

312のだめカンタービレ (14) (講談社コミックスKiss (575巻))

312のだめカンタービレ (15) (講談社コミックスKiss (594巻))
♪こんなに笑えるクラシック音楽があったのか!?
初リサイタルで、のだめ菌爆発!?
オクレール先生の紹介で、リサイタルを開くことになったのだめ。ブルターニュのお城に到着してみれば、城主はとてつもないモーツァルトマニアだった。のだめ、苦手なモーツァルトを、初リサイタルでどう演奏するのか!? 

312のだめカンタービレ (16) (講談社コミックスKiss (613巻))
♪千秋の奮闘でマルレ新生!? いよいよ初公演!
常任指揮者としてマルレ・オケの大改革に挑む千秋。しかし、ヤル気満々新団員と、ヤル気ナシ旧団員との実力の差は歴然!暗雲たちこめるオケに千秋は光を呼びこめるのか?のだめは順調に新学期を迎えるが、その陰にはライバルが!?

312のだめカンタービレ 17 (講談社コミックスキス) (講談社コミックスキス)
♪音楽に没頭するあまり、すれ違うのだめと千秋は!?
大成功で幕を閉じた千秋の常任指揮者デビュー公演。その演奏を聴いたのだめは、音楽に真剣に向き合う。次回公演に向け、音楽に集中できる環境を求めた千秋は、アパルトマンから姿を消した。そして真価が問われる第2回公演で、千秋は……!?

312のだめカンタービレ (18)(講談社コミックスキス)

312のだめカンタービレ (19) (講談社コミックスKiss (673巻))
♪もっと高くもっと遠くまで??。舞台はパリ、コンクール開幕!!
おじゃま虫カップル付きでウィーンを訪れたのだめと千秋は、留学中の清良と再会。コンクール出場を決めていた清良の迷いとは……?パリでも、ターニャとユンロンがコンクールに向けて猛練習中。それぞれが希望と迷いの中で揺れながら未来へと走り始める。そして、1番星を背負って、あの男がパリの地に立つ!! 

312のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)
♪ターニャの健闘、清良の快進撃。コンクールを見守るのだめは……?
カントナ国際コンクール2次予選。清良は順調な演奏で本選進出を決めるもガケっぷちのターニャは実力を発揮できるのか!?一方、コンクールを見守っていたのだめは運命の曲と出会う。「いつか先輩と共演したい!」ラヴェルの協奏曲が宝物になったのだめを残酷な偶然が待ちうけていた……?

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。