【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室

【江別市のピアノ教室】笠野音楽教室のイベントやお知らせごとを書いています♪

Category [練習方法 ] 記事一覧

スポンサーサイト

いろいろな拍子

いろいろな拍子について4分の4拍子1小節に(4分音符)が4拍4分の3拍子1小節に(4分音符)が3拍4分の2拍子1小節に(4分音符)が2拍8分の6拍子1小節に(8分音符)が6拍...

音符と休符

音符と休符について4分音符 1拍   (イチ)2分音符 2拍   (イチ)(ニイ)付点2分音符 3拍(イチ)(ニイ)(サン)全音符 4拍    (イチ)(ニイ)(サン)(シイ)8分音符 1/2拍→=2つで1拍16分音符 1/4拍→=4つで1拍4分休符2分休符付点2分休符全休符8分休符16分休符 ...

楽譜の仕組み

楽譜の仕組みについてピアノの楽譜は基本的に、上の段は右手のパート、下の段は左手のパートを示します。音の高さの基準を表すト音記号、ヘ音記号の次に、拍子記号などが示されます。楽譜はその拍子に基づいて、小節線や複縦線で区切られ、終止線で終わります。なお、左手のパートにもト音記号が使われる場合があるので、弾く前によく確認しましょう。...

「真ん中のド」

真ん中のドについて鍵盤は「ドレミファソラシ」という音が並んでいます。基準となる位置を示すために、「真ん中のド」という言い方をする場合があります。座ったときに、ほぼ真ん中に来る「ド」のことを「真ん中のド」と呼びます。...

鍵盤のしくみ

ピアノの白鍵(白い鍵盤)には、「ドレミファソラシ」という音が順番に並んでいて、黒鍵(黒い鍵盤)は、白鍵の各音に♯(シャープ)あるいは♭(フラット)を付けて表します。また、鍵盤はすべて「半音」と呼ばれる音程(音と音の間隔)で並んでいて、右側に行くほどに高い音、左側に行くほど低い音になります。なお、半音2つ分の音程を「全音」といいます。...

左サイドMenu

ご訪問者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

みずえ先生

Author:みずえ先生
ピアノ講師のみずえです♪
1971年5月30日生まれ
ふたご座のB型です☆

北海道江別市のピアノ教室「笠野音楽教室」のイベントやお知らせを書いています♪

最近の記事

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。